スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイナソープ100の詳細

アイナソープ


アイナソープ100とは?

 アイナソープ100は、グリコール酸1%配合した透明石鹸です。石鹸として、一番大切な石けん素地は、植物性油脂を使用しています。手間、そして、長い時間を必要とする枠練り製法で製造しています。


 アイナソープ100は、お肌が弱かったり、敏感な人がアレルギー性皮膚炎をおこす可能性がある旧表示指定成分は使用しておりません。

 酸化防止剤は、トコフェロール(天然ビタミンE)を使用。香料、着色料は使用していません。より安心して、長く使える、そして皆様の期待に応えられる石鹸だと考えています。


 【アイナソープ 100】と【アイナソープ 400】の違いはグリコール酸の配合量です。


アイナソープ


ピーリング石鹸に使われているグリコール酸とは?

 ピーリングには、ほとんどの場合、グリコール酸が使われます。そのグリコール酸は身体に存在する毒性のない物質です。


 皮膚表面からの吸収された場合も、全身的副作用はありません。発癌性、アレルギーの心配はなく、パッチテストも不要と言われています。他のピーリング剤に比べ炎症を起こしにくいのも、グリコール酸の特徴。


 一方、ピーリングの一つであるTCAやフェノール酸によるピーリングは腐食作用で組織損傷を起こし、皮膚表面を脱落させます。


 もちろんグリコール酸の場合も、濃度を高く、pHを低く、ピーリング時間を長くすれば、グリコール酸の浸透が深くなり、真皮まで到達する場合があります。(アイナソープ100で、真皮まで達することはありません。)


 グリコール酸の水溶液は基本的に強酸性です。(濃度・pHにより異なり、弱酸性のピーリング剤もあります)


 よくピリピリ感があると言われていますが、これはグリコール酸の刺激性によるものです。もちろん刺激がないのが良いと思われますが・・・。この刺激はグリコール酸が知らない間に深くなり過ぎるのを防ぐといった良い点があり、ピリピリを我慢できないような場合は、深すぎるピーリングになる可能性があります。


 グリコール酸の刺激は、いい意味で人間に知らせてくれるよい警報です。
一般的にグリコール酸が得意とする浅いピーリングは、永久的な脱色や傷跡を残すといった危険はほとんどありません。
また、ピーリングした部分と、しない部分の境目が目立つこともなく、グリコール酸を使ったの場合、対応できない重大なトラブルはないと言われています。


 ピーリング後に表皮が薄くなっている間、紫外線対策をしなかった場合、紫外線に対する過敏な反応が現れる場合があり、サンブロック製品の使用を忘れてはいけません。

また、ピーリング後、かさぶたを作るといったことが起きるにしても、一時的なもので、皮膚の再生が遅れる、化膿性の感染症を起こすことはほとんどありません。

ピーリング後は紫外線予防と保湿をしっかりすれば、ほとんどトラブルはないと言われています。


アイナソープ







  • ○無香料・無着色

  • ○枠練り石鹸

  • ○製造に場所をとり製造コストが高い

  • ○泡立ちは細やかで粘りがある

  • ○結晶が氷砂糖のように透明性あり

  • ○グリコール酸配合による古い角質層の除去

  • ○蛍光剤・香料・着色料は一切使用していない

  • ○エデト酸は一切使用していない

  • ○石鹸素地は植物性のものを使用



■価格:2,625円(税込)

詳細

■グリコール酸配合量の多いアイナソープ 400もございます。


スポンサーサイト

CATEGORIES

LINKS

検索エンジン登録なら無料登録ドットコム!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。