スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲルマニムブレス

ゲルマニウム

ゲルマニウムとは?

ゲルマニウムとは1885年にドイツの学者、ウイングラー博士が銀の鉱石、 アルジロダイトからこの元素を分離することに成功しました。 そして発見者の国、ドイツの別名ゲルマンにちなんで自由を意味するゲルマニウムと名づけられ、 以来、工業用物質の一つとして注目されてきました。 ゲルマニウムは自然界には広く分布していますが、他の物質に紛れ込んでいるために、 これがゲルマニウムですというような鉱石という形で人間の目で見ることは出来ませんし、金や銀、或いは石炭の様に掘り当てることもありません。 

工学用がメインだったゲルマニウムですが、じつは医学的にも注目されていたのです。 最初にゲルマニウムの医学的効用が知られたのは、 1922年にアメリカの学者が酸化ゲルマニウムを貧血症の治療に用い、 効果があったと報告してからです。私たちの体は約60兆個の細胞からできており、 それは主として蛋白質(アミノ酸)から出来ております。

これが生科学的な分析で、もう一つには、神経回路こよる信号、 つまり電気的イオン的なシステムが備わっているという物理的分析が出来ます。 つまり、人間の体は科学的調節機能と物理的な調節機能が備わっているといえるわけです。

ゲルマニウムの効力

ゲルマニウム療法とは、人体のどういうメカニズムを利用するのでしょうか。 先に、私たちの体は電気的、イオン的なシステム(神経回路による信号)が備わっているという表現をしました。 私たちの皮膚からは数十ミリボルト電圧が観測されます。 つまりヒトの細胞とはイオン(電子)の集合体であるといえます。

 たとえば、最も身近な肩凝りを例にしますと、血液中に多量の乳酸が発生する、 特に乳酸は電子不足の状態で、その分だけイオン化が激しく起こり、水素イオンを大量発生させます。 そこでゲルマニウムは、不足した電子を供給し水素イオンを体外に排出してくれます。 こうしてゲルマニウムが酸素の変わりをしてくれるので体内の酸素は体の機能回復の為や、細胞を新しくするためにふりわける事が出来、私たちの体は健康を保てる事が出来ます。

ゲルマニウムは32個の電子を持っており、32度の温度を与えると4個の外郭電子の1個が飛び出すという性格を持っております。 このようにゲルマニウムの金属の表面には自由電子が揺らいでいます。 その揺らいでいる部分に皮膚などが触れる事により電子の移動が起こります。 人体の細胞も無数にありますが、それらひとつひとつをとっても、細胞同士のイオン反応や電子移動はおこなわれています。 なかでも活性酸素(フリーラジカル)の活動は正常な細胞から電子を奪いその細胞を破壊するという、電子移動の最たるものと思われます。

ゲルマニウムを使った治療具は、単に物理的な刺激にとどまらず、様々な要素で体を正常にする働きをします。

ゲルマニウム商品のポイント

ゲルマニウムの効果をより強く得るためには、「純度」が重要となります。
純度の低いもの、プラスチック・シリコンなどにゲルマニウムを練りこんだ物は、十分な効果が得られません。

おおむね、価格と純度は比例しますのが、購入の際には「純度・量」を確認されると良いでしょう。

ゲルマニウム半導体作用は半永久的です。
そのため、商品そのものが破損しない限り、非常に長くお使い頂けます。この点からも、多少値段が高くとも、良い商品を購入されるほうが、長期的にはお得です。

価格帯別ゲルマニウムブレスレット


△このページの先頭へ
スポンサーサイト

CATEGORIES

LINKS

検索エンジン登録なら無料登録ドットコム!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。